0からのドイツ留学

日本の大学を辞め、現地でドイツの大学を目指すブログです。

語学学校

そろそろ留学のシーズンが近づいてきましたね。

 

学校などを通す人以外はまず語学学校を探さなくてはなりません。

 

そこで今回は、今自分が通っている語学学校、IDaFという学校を紹介したいと思います。 

 

目次

 

立地

まずは立地です。

 

場所はデュッセルドルフの中央駅から歩いて7、8分のところにあります。

 

駅のホームの番号が若くなっていく方の出口に出たら、そのまま真っ直ぐ進み路面バスの電路を超えて大通りまで歩きます。

 

そこで右に曲がり進んでいくと、Deutsche Post という黄色い帯の建物が見えるので、道路を挟んでその向かい側にあります!

 

f:id:lick114:20170626003035j:plain

 

 

そして入り口がこんな感じになっています。

 

 

f:id:lick114:20170626003003j:plain

 

学校名が看板として出ているわけではないので最初来たとき迷いました。。。

 

この建物の4、5階になります。

 

中に入るとエントランスがあり、鍵がかかっています。

 

扉を開けなくてはいけないのですが、もちろん最初来たときは知らないので、インターフォンを鳴らしてみるか、誰かが来るのを待ちましょう。。。

 

暗証番号は最初の授業のときに教えてもらえます。

  

コースと学費

まず、コースが4つあります。

 

一つ目が最も一般的な"Intensivkurse"

 

日本から語学学校生としていく人のほとんどがこれに当てはまると思います。

 

A1レベルからC1まであり、週5日のコースです。

 

時間帯は午前か午後のどちらか。これは選べるわけではないのでコース日程を確認してみてください。

 

学費は2か月で800ユーロ、おそらく相当安いと思います。

 

次に"TestDaf-kurse"

 

Test Dafに向けた授業を三週間行います。

 

料金は350ユーロです。

 

そして"Abendkurse"

 

昼間は仕事などでいけない人向けのものです。

 

こちらは300ユーロです。詳しい日程などはホームページで確認してみてください。

 

最後に"Medizinerkurs"

 

医療従事者向けのコースです。

 

こちらはC1レベルで、8週で1000ユーロです。

 

 

 

生徒と先生

まず、1クラス6から10人ぐらいです。

 

国籍はさまざまで、日本人も数人見かけたことがあります。

 

年齢は16歳の現地の高校生だったり、25歳でもう働いている人などさまざまです。

 

先生ですが、多くはドイツ人以外の、実際に外国語としてドイツ語を勉強した人であったり、そのような人が教えてくれます。

 

一般的な先生よりも、年齢が近かったりするので親しみやすいです。 

 

 

最後に

以上、ざっとでしたが説明をしました。

 

初めてドイツ語を学ぶ人以外は最初にテストを受けなくてはならないので、少し早めの到着を目指してください!

 

何か質問などありましたら、コメントにてぜひ。